2012年11月06日

「口が臭い」場合〜虫歯

いきなりですが、結論から言いますと・・・
虫歯や歯周病があると臭います。
「口が臭い」原因は歯周病、虫歯、舌苔です。


つまり、これらを治療すれば「口が臭い」のは治ります。


虫歯が臭う場合は、菌が神経まで到達している場合が多いのですが
虫歯の穴に食べた物が詰まり、それが腐敗してガスが発生したり
神経が死ねば、神経の腐敗臭がしますので


虫歯はひどくなればなる程、臭います。


神経まで到達していない虫歯は、それ自体が臭う事はありません。
軽く開いた穴や、欠けてしまった部分に食べた物が詰まり
それが臭う事はあっても、詰まった物を取り除けば臭いも消えます。


神経が死んでしまうと、痛みが一旦治まってしまうので
そのまま虫歯の事を忘れたり、「あ、虫歯治ったみたい」
なんて、ほったらかしにしていませんか?


歯の奥まで腐ってしまうと、ものすごい臭いがします。
また、ハブラシでは届きませんので
臭いはどんどんひどくなります。


歯医者さんって大人でも怖くて、なかなか足が進みませんよね。
でも、口臭が治るのだとしたら?
当然、答えは「Go!!」だと思います。


私は奥歯の虫歯を、相当痛くなるまでほっておいたので
ひどく臭っていたとは思うのですが
少しづつ臭いが増していったので、やや鼻が慣れてしまったというか


その臭いに麻痺していたんだと思います。


それよりも、内臓からくる「息の臭い」の方が
強烈だったという事もありましたので
歯の奥が腐るまで、ほったらかしにしてしまったのです。


周りの人たちは、かなり臭かったと思います。
ご迷惑おかけして、申し訳ありませんでした。
あなたも、治せる口臭は治しましょうね。


この程度の口臭は、むしろ羨ましい位です。
「口が臭い」のなんて「息が臭い」に比べれば
簡単に治りますからね^^



歯・口・喉の病気 ブログランキングへ

オーラルケア ブログランキングへ

posted by Shien at 14:10 | Comment(0) | ●虫歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOPに戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。