2012年12月28日

口臭にいい足裏反射区〜糖尿病

今日は糖尿病の反射区です。
糖尿病と口臭の関係については
「糖尿病が原因の口臭」のページを読んでみて下さいね。


糖尿病は、膵臓で造られるホルモン(インスリン)が
分泌低下や機能低下する事により不足して起こる病気です。
まずは、膵臓の反射区を見てみましょう。


suizou.jpg


@腎臓の部分を、親指でグッと押します。

A輸尿管を押し滑らすように、行ったり来たりします。

B膀胱を親指でグッと押します。

C胃から膵臓にかけて、親指の腹を使い、
強く下に押し滑らせていきます。
 上から下へ、中のぶちぶちした物を潰すような感覚です。

Dもう一度、腎臓→輸尿管→膀胱を押します。


糖尿の方は足裏の層が厚くなっている場合が多いです。
糖尿病が進行すると、感覚が鈍くなるので
厚くなっている事に気が付かないかもしれません。


足裏が硬いと、指が反射区まで届かない事がありますので
足浴で温めたり、全体を揉んで柔らかくしてから
それぞれの反射区を押してあげて下さい。


毎日、15〜30分程度が理想です。
必ず左足から始め、オイルを塗る事も忘れないで下さい。



歯・口・喉の病気 ブログランキングへ

つぼ・経穴 ブログランキングへ
私を登録 by BlogPeople

posted by Shien at 11:09 | Comment(0) | ☆糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOPに戻る