2012年12月30日

腎臓の足裏反射区と注意点

腎臓の反射区を揉む場合は、通院されている方は
医師と相談の上行うよう、注意してください。
逆に腎臓に負担がかかる場合があるからです。


医師のOKが出たら、腎臓の反射区・湧泉(ツボ)
かかと・アキレス腱の両脇・足の小指
手のひらと小指をよく揉みほぐしましょう。


yusen.jpg


冷え性の方は、腎臓が弱る事により
足小指の腹が硬くなっています。
足の小指を根本からグルグルと回し、腹を揉みほぐします。


湧泉は「反射区」ではなく「ツボ」ですが
足の人差し指と中指の間を、かかとの方へ骨づたいに下がっていくと
くぼんでいる所がありますので、そこを押してあげます。


棒で3秒ほど押したあと、スーッと棒を抜きます。
これを何度か繰り返します。
湧泉は冷え症の他に、疲労回復や生理痛にも効果があります。


また、腎臓が悪い方は、かかとがガサガサになっている事が多いです。
ここも指で揉みほぐしたり、手をグーにして第二関節で
グイグイと行ったり来たりして下さい。


アキレス腱の両脇、土踏まず、手のひらと手の小指も揉みます。
アキレス腱は、手をチョキにしてから人差し指と中指を折り
折った指で挟むようにして上下すると、とても気持ちがいいですよ。


腎臓が悪い方の口臭は、アンモニア臭や
ゴミが腐った臭いがします。
足の小指だけでも、毎日根本から回し、小指全体を揉みほぐして下さいね。



オーラルケア ブログランキングへ

つぼ・経穴 ブログランキングへ
私を登録 by BlogPeople


タグ:腎臓 足裏

posted by Shien at 23:31 | Comment(0) | ☆腎臓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOPに戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。