2013年01月05日

口臭にいい足裏反射区〜二日酔い

いよいよお正月も終わりですね。
月曜からお仕事へ行かれる方も多いようです。
今日が最後の「休み前」と、お酒を飲まれる方も多いでしょう。


アルコールによる口臭は、口が渇く事で細菌が増えてしまったり
アセトアルデヒドという有害物質が、肺から呼気として、口臭を出します。
詳しくは「アルコールと口臭の関係」を読んでみて下さいね。


二日酔いの口臭も、本当にひどい臭いがしますが
口臭がひどいという事は、身体からSOS信号が出てるという事ですから
内臓や身体を休めないと、口臭も消えないという事です。


二日酔いで吐いてしまった場合は、胃の反射区を押してあげましょう。
また、飲み過ぎると肝臓はかなり疲労しますので
肝臓の反射区も、合わせて揉みほぐします。


kanzou.jpg


図のように、肝臓の反射区は右側にしかありません。
肝臓は、アルコールを水と二酸化炭素に分解してくれますが
飲み過ぎると、その処理が間に合わなくなってしまいます。


お酒は適量で楽しめる癖をつけましょう。
飲む前にウコンを飲むのも、おススメです。


反射区を押す時の、最初と最後に
腎臓→輸尿管→膀胱も押してあげると、効果は高まります。
潰した胃と肝臓の老廃物を、尿として身体から出してあげましょう。


腎臓にグッと力を入れて押し
輸尿管を行ったり来たりします。
最後に膀胱をグッと押してあげます。


お酒に限らず、何事も「〜し過ぎる」のは
身体によくありません。
いつも健康的に、口臭ゼロでいきたいですね。



歯・口・喉の病気 ブログランキングへ

つぼ・経穴 ブログランキングへ
私を登録 by BlogPeople

posted by Shien at 21:51 | Comment(0) | ☆二日酔い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOPに戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。